岐阜県中津川で注文住宅なら岡山工務店にお任せください。本物のエコ住宅で自然に優しい注文住宅を建築する中津川市の工務店です。

約8年前に息子さんの小学校入学に合わせて新築されたという、4人家族のA様邸。恵那山が一望できる見晴らしのいい土地に、のびやかな自然環境に合わせた家を建てたいと、ご主人はさまざまなハウスメーカーや建築会社を検討されたそうです。「そのなかで岡山工務店さんに決めたのは、どこからか箱を持ってきて組み立てるような家づくりではなく、大工さんに本物の家を建てて欲しかったんですよね。実際に造りもいちばん良かったですし、設計に関していろいろわがままを言っても一緒に考えて叶えてくれました」

間取り図 玄関 ガレージ キッチン 吹き抜け 2F ロフト 階段 リビング 調湿炭


A様邸を訪れるとまず目に飛び込んでくるのが、1階の壁にひのき材をはった外観。「設計士さんからいろいろな提案を受けたなかで、このデザインに決めました。ひのきを外側に使うなんて贅沢かなとも思いましたし、手入れも必要になるとは聞いていたのですが、やはり木を使った家がいいなぁと」。広々とした玄関やお部屋にもひのきがふんだんに使ってあり、8年たった今でも、ほのかに木の香りがします。



▲間取り図へ



ご主人がいちばんこだわったのが、このガレージ。「オートバイが趣味で、休日はたまに山へ乗りに行くんですが、雨にぬれずにメンテナンスできて、家からいつでも出入りできるような車庫がほしかったんですね。そんなわがままをお願いしたら、車庫と家を行き来できる出入口をつけてくれました」


▲間取り図へ


「実はこのガレージへの出入口、食品庫前の勝手口でもあるんですよ。図面を見てもらえばわかるんですが、設計士さんが家事動線を考えて、ダイニングとキッチン、食品庫、洗面所が一直線につながる設計にしてくれたんですね。だから、車で買い物に行っても大きな荷物がすぐに勝手口から入れられるし、動きにムダがないので家事がしやすいと妻も喜んでいます。さすがにプロならではの提案だなと、感心しました」



▲間取り図へ



「家族みんなのお気に入りは、この吹き抜けですね。1階から「ごはんだよー」と子どもたちを呼んだり、2階から下に向かって声をかけたりして。明るさや風通しはもちろんですが、家族の気配がわかるのがうれしいですよね。天井にはってあるのは、ひのきです。天井もちゃんとした木が使いたいというオーダーに、しっかり応えてくれました。」


▲間取り図へ


「岡山工務店さんの提案で、なるほどなぁと思ったのが2階のフリールームです。子どもたちの机を個室に入れるのではなくフリールームに出して、2Fのリビングとして使うという考え方は思いも寄らないものでした。でも、そうすることで、子どもが部屋にこもりっぱなしになることなく、いま、勉強しているなぁと、近くに気配を感じながら過ごせます。自然と会話が増えて家族のだんらんが生まれることにもなり、おすすめ通りにして本当に良かったです」


▲間取り図へ


「吹き抜けの上はロフト。フリールームからはしごで登れるようになっていて、季節用品の収納に役立ちます。ロフトの天井についているのは、エアムーブの調節弁のレバーです。夏は冷たい空気を循環させるために換気口を開けて、冬はあたたかい空気をとどめるために換気口を閉めてと、自在に調節できるんですよ」




▲間取り図へ


リビング内にレイアウトされた階段も、子どもとのコミュニケーションを考えた設計とのこと。「子どもたちが学校から帰ってきて、自分の部屋に直行するのではなく、必ずリビングを通っていくので、様子がわかりますし、おかえりと声をかけることができます。遊びにきた友だちも、私たちの前を通るのであいさつもしますし、子どもの友だちと顔みしりになることができるのは安心です」


▲間取り図へ


A様邸はエアムーブ工法の家。その快適な住み心地に、今もとても満足していると奥様は語ります。「最初、エアムーブの説明を受けたときは、実はよくわかってなくて(笑)。でも、住んで初めてその魅力を実感し、驚きました。冷暖房の力にあまり頼らなくても、夏は涼しく、冬はあたたかいんです。子どもたちも学校から帰ってくると、「涼し~い」「あったか~い」と声をあげ、リビングに集まってくるんですよ。5年程前には太陽光発電にしてもらったんですが、オール電化の家で電気代が夏は月約7,000~8,000円、冬は13,000~16,000円で済むんですよ。年間の光熱費を考えると以前の家との差は大きく、家計の面でも大満足です」

一方、ご主人が驚いたというのがリビングの太い柱。「岡山工務店さんからのサプライズでした。ほかの柱と同じものを想定していたのですが、まさに大黒柱。本当にうれしかったですね」


▲間取り図へ



床下に敷きつめられ調湿炭が、湿気の吸収や防虫に効果を発揮。また、配管も集中させてメンテナンスしやすくなっています。


▲間取り図へ


「“和風テイストなんだけど、和の家ではない住まいにしたい” “床の間つきの和室がほしい” “吹き抜けは絶対にいる”など、岡山工務店さんは次々に出てくる要望によく応えてくれて、ひのきをふんだんに使ったすばらしい家を作ってくれました。友人たちも“いい家だねぇ”とほめてくれて、とても誇らしく感謝しています。
あれから早8年。息子は中学2年生に、娘は小学6年生になりました。今になってみれば、あらかじめ配線ボックスをつけておけば良かったとか、もう少し予算をかけて床暖房もつけておけば…と思う部分はあります。でも、岡山工務店さんにはいつでもメンテナンスの相談ができますし、おつきあいはずっと続いていくので、これからも安心だなと思っています」



▲間取り図へ

←お客様の声トップへ戻る