岐阜県中津川で注文住宅なら岡山工務店にお任せください。本物のエコ住宅で自然に優しい注文住宅を建築する中津川市の工務店です。

joinus 家造り日報

音の問題

音というものは人によって聞こえ方、感じ方が違うので一概に決めつける事は出来ません。

感じ方は違えど、ほとんどの人は騒音をストレスと感じると思います。

過去にはピアノの音が原因で刑事事件も起きています。

この様に些細な事も強いストレスと感じる事があります。

集合住宅に住んだ事ある人は、隣人や上下階の人の音をうるさく感じたり、自分が注意を受けた経験があると思います。

そんな生活を自宅で感じたくはありませんよね?

車が目の前を通る音や近所の動物の鳴き声で目が醒めたり、家族の会話が聞こえないようなところでは快適に暮らすことは不可能です。

今回は快適に暮らすための音環境について考えてみます。


一般的に人が騒音と感じるのは、70デシベル程からといわれています。

70デシベルというのは、道路走行中の車内やセミの鳴き声くらいです。

この大きさになるとちょっと大きな声で話さないと会話が成り立たないレベルです。

じゃあ逆に静かな場所はどれくらいかというと、40デシベル程です。

40デシベルは、例えるなら図書館の中です。

自宅でも図書館の中まではいかないにしても、騒音なんて感じたくないですよね?

弊社の推奨する断熱材なら80デシベルの音も50デシベルまで軽減することが出来ます!

80デシベルは、救急車のサイレンやパチンコ店内くらいの音量で、50デシベルは家庭用のエアコン室外機くらいの音量です。

長く住める家の条件の一つに静かに暮らせるという事もあると思います。

周囲に邪魔されることなく、家族の会話や趣味に没頭できる空間があるという事は、心も体も落ち着ける空間が作れているという事だと思います。

そんな住まいの完成見学会を今月開催します。

騒音に悩まされない快適な家をご体感ください。

見学会詳細はHPにて公開中です!!


最新記事一覧